2005年11月30日

こっそり更新。

おや、見つけたみたいですね。(挨拶)

さて、このブログなんですが、
タイトルは全て(ごにょごにょ)してます。
今回は、2005年11月までのネタ元をこっそり紹介。

続きを読む
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | special

2005年11月27日

別に深い事情はございませんが

(今日の一曲:forget me nots / the band apart)

最近更新サボり気味ですが、

全てのブログの更新を11月末までお休みします。

謝るいわれはないのですが、、、ごめんなさい。
とりあえずここに書かせていただきました。



本当に深い理由はないので下手に勘繰らないでください迷惑です。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | message

2005年11月22日

11/22 浅い眠り淡く揺られ

(今日の一曲:Getaway / Earth, Wind & Fire)

人の家でネット麻雀とかどうよ。(挨拶)
真夜中に食べる豚丼弁当が美味しい季節だね! こんばんはゆきです。

昨日の宅飲みの後、結局徹夜してテストを受けて寝て起きて某祭の懇親会に出席して後輩と本屋に行って別の後輩にあって三人でミスドに行って他の後輩の家に行って大量の文庫本をを略奪して歓談しながらなぜかネットで後輩と麻雀対戦をして眠くなって帰って来て電話して今に至る。

眠いのでネタも出ません。おやすみぷー(吐き捨てるように)。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月21日

11/21 過去にも二人は同じ様に出逢ったならば

(今日の一曲:Red Hot / ELLEGARDEN)
 やっぱりみんな聴いてるんだなー、エルレ。


「ある種の苦しさ」と「眠さ」が同居してるとき、どうする?
現在、スゴイ眠気とスゴイ腹痛が身体の中で喧嘩してんだけど。
どうせならどっちかにしてくれ! こんばんは、ゆきTHE不健康児です。

先週土曜日の飲み会のときに、
「個人的に飲もうぜ」と言ってくれたサークルの同期がいて。
今日、日を越えた辺りにたまたまソイツの家近くを通りかかったので、
電話をかけてみたところ(迷惑だな俺)、
運良く捕まえることに成功! 機に乗じて飲んでみた。
次は彼の家で鍵盤を叩く約束を取り付けつつ、長居はせずに帰宅。

さて、飲み始める前に彼が
「俺最近さぁ、夜中に酒飲むとお腹が痛くなるんだよね」
と言ってて、あーそりゃ苦しいなぁ、とか思っておりました。
俺は「大変だなぁ」と、まるで他人事のようにその話を聞いておりました。











で。











家に着いた途端、突如俺を襲う腹痛。
















こ れ か !



お腹を冷やしたわけでも、激しい運動をしたわけでもないのに。
症状としては下痢っぽい感じの、胃を直接抓られるような痛み。
まさか自分に降りかかってくるとは思いもよらず。
大○胃酸が効いているのか、現在はある程度回復してるようだけど。





同じ苦しみを味わえて嬉しいやら、悲しいやら。

「痛み分け」ってこーゆーことを言うのね。勉強になります。イタタ。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月20日

11/20 You can dancin' and groovin' all night long.

(今日の一曲:Out of The Blue / System F)

その日は、唐突にやってきた。






大量に詰まれた鳥肉の天麩羅。

油なのかラードなのかよくわからない味薄のマヨネーズ。

千切りとは呼べないぐらい暑く切られたキャベツ。

寿司に入れるには鮮度の落ちすぎた大根の細切り。

冷たくて辛いナポリタン。

やたら苦く臭みのある香りの味噌汁。

まるで死者への手向けのような盛り方をされたご飯。






数多の敗戦者を生産する魔の砦、SSQ。

そこへ行く日が、三度やってきた。しかも、唐突に。




11月20日、午後6時20分。
その日は寒かった。
寒さの中で、震えながら、五人の男が待つ。
「ザーカイ天」と呼ばれる、八木山のモニュメント。
それが待つ、悪魔の居城に踏み入るために。

注文を済ませて、空き席に陣取る男たち。
まるで己どもの未来など、予測し得ないように、
彼らは楽しい会話を続けた。

その空間をあの悪魔が襲い、場は静寂に包まれた。
前述のメニューを目の当たりにした男たちに、
次の言葉を吐き出す気力など、毛頭皆無に等しかった。

二匹ずつ登場する悪魔に、各々が立ち向かう。
ある者はキャベツの森を、
ある者は衣に包まれた肉塊の嵐の中を、
ある者は白い米の山を、
慄きながらもひた走る。

しかしとして、勇者たちは、
一人として生きて帰ってはこなかった。
あったのは、期待と不安だけ。(From LUNKHEAD「金木犀」)

男たちは、負けた。
残ったのは、胃に風穴を開けられたような、
否、胃に隙間無く物を詰められたような、重く苦しい感覚だけ。

戦うとは、何か。

食すとは、何か。

各々が感じたモノは、大きかった。



------------



というわけで、仙台市太白区の某定職屋に行ってきました。

一言だけ言おう。
「俺夕飯食ってから行ったけど、夕飯食ってなくてもアレは食えません。多分。」
後輩たちのガッツに感謝と敬意の念を。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月19日

11/19 転がせこの風を泣き叫ぶもいいさ

(今日の一曲:One Step Too Far / Faithless)

久々にお会いした先輩に
「精神年齢が5歳から7歳になりました!」
と報告したら真顔で驚かれたゆきですこんばんは。
「おめでとう」とか言われても全然嬉しくないのはなんでだろう。



久々に、ラジオドラマのボイスアクターなるものをやってきました。
40代の悪役なんて俺には無理でした。カワイイのなら結構出来るはz

で、悪役といえば!な後輩に
「なんで悪役できるのん?」
と聞いてみたところ、二人とも、

「そういえば、子供の頃から悪役の口調真似するの好きだったなぁ」

という答えが。
なるほど、環境要因なんですね。悪役がよく合う声質を築くのは。
なんだか納得してしまいました。



その理論を拡大解釈すれば、
「幼少時から何気なくしていることがスキルとして身に付く」
と言うことが出来るのでは?と思ってみた。

じゃぁ俺の幼少時からの経験って何だろう?
と考えてみると、
















































泣く。泣き虫だったもんね。



というわけで涙を流すのは人一倍得意なゆきです。



――あれ?なんか損した気がするのは俺だけですか?
posted by ゆき | Comment(5) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月18日

11/18 男の子が夢を見るよ始発待ちの駅のホーム

(今日の一曲:恋文 / Every Little Thing)

変な夢を見ました。

中学校の体育館で大学の学部仲間と一緒に学芸会で劇の出し物をしているのに俺はひとりスーツで結婚式場の司会みたいなことをやってて劇が終わったら中学校時代の友達(♀)から花束を手渡されてと思ったら後ろからサークルの後輩(♀)に飛びつかれて瞳を潤ませながら「話がしたいんです」といわれたけどあっさり断ってシーンが変わってサークルの同期(♂)と原付に乗って宮城県美術館前の交差点を川内郵便局方向に左折してあのなだらかな坂を上っていったら坂の傾斜がどんどん急になっていって原付をフルスロットルにしたらいつの間にか地上30mぐらいに放り投げられていて地面に向かって落下していったところで目が覚めた。



誰か夢診断してください。怖くてオチオチ寝てられません。
posted by ゆき | Comment(3) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月17日

11/17 君が流した涙もその訳もいつか忘れてしまうんだよ

(今日の一曲:Waitin 4 U / Ernest Saint Laurent)

今日は一日ひきこもりんこでした☆

いじょ♪

























…嘘ですごめんみんな。(平身低頭)
最近嘘つくのが更に下手になったゆきですこんばんは。
引きこもりは本当だけど。母親から新米が届いたのが嬉しくて、一日四食貪る始末。


------------


一人暮らしをして3年半を過ぎると、
家の中にいろいろなものが見つかるようになります。なるんです。

―― な る ん だ よ !

えー、…失礼しました。ゲフンゲフン。
で、コタツ布団を用意するときにとあるものを発見。
いや、何のことはない一匹のお人形さんです。
具体的に言えば某ポケットなんたらのピカなんたらですが。
ピンクのスピーカー付きの粋な奴です。
別にコイツ自体は大した思い出メイカーではないんだけど、
昔(もう仙台にはいない)友達が遊びに来たときに、彼(?)の耳をいじって
「コイツ、楽しそうだよなぁ」
としみじみ言ったのを思い出しました。そりゃ人形は表情変えませんから。
当時その友達もいろいろあったみたいで、話を聴いたりしてたんですが
自分だけじゃどうにも出来ないことばっかりで、
それでも前向きに、死ぬほど強く明るく生きてたのがすごく印象的な人でした。

パソコンのイヤホン端子に繋ぐと音が出るピカなんたら。
そういやどこで手に入れたのかも記憶が曖昧ですが、
そんな記憶をはらんだものも、この家にはたくさんあるんだなぁ、
なんてことを思ってみたりしました。
最近は彼女の思い出であふれかえってますが



そんな思い出の品と一緒に、
読み終わった(らしい)漫画とか小説とか、
粉を吹いた乾電池とかやたら薄汚れた歯ブラシとか、
実に色々な思い出の品があふれ出てきます。






掃除はちゃんとしよう、って話です。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月16日

11/16 明け方六時に君と僕は扉を一つ抜けたみたいだ

現在5:26AM。なんか起きた。寝たの2時半なのに。



気分はランクヘッド。
でもライヴは行ってない。

BGMはストレイテナー「Reminder」。
でもライヴは行ってない。

目の前にあるのはLOST IN TIME「きのうのこと」。
でもライヴは行かない。

その下にあるのは空ケースのFreeTempo「Oriental Quaint」。
ライヴ(?)行ったなぁ。


シャワー浴びてまた寝ます。寝坊したらゴメンね。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月15日

11/15 周りに悟られない様に黙って自分を信じてあげればいい

(今日の一曲:逢瀬川 / 音速ライン)

勝負事はタイミングだと思うんですよ。



徒競走ならスタートの瞬間、

恋愛も腕と腕が触れ合う瞬間(…本当か?)、

パチスロも確変の瞬間

麻雀も仕掛ける瞬間。



タイミングです。世の中タイミングなんです。きっと。





タイミング勝負!の最たるものとして、いわゆる「音ゲー」があります。

とりあえず、オブジェにタイミングを合わせてボタンを押したり叩いたり、

あるいはバタバタしながら踏んだり。

タイミングさえ合えば得点が高くなって、

頑張ればヒーローになれます。非常に濃い方々の界隈で。




ね? 世の中タイミングなんです。








今日のこと。

曇っていたので洗濯するのをやめて学校へ行きました。

いきなり晴れやがりました。

授業が終わって急いで帰りました。

洗濯機を回しました。

雨が降ってきました。

室内干して我慢しようと思いました。

出掛けて直後晴れやがりました。



ね、タイミングって大切でしょ?(虚ろな目で)
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月14日

11/14 胸をつく想いは絶えず絶えず絶えず

(今日の一曲:落日 / 東京事変)
 なんだかんだで俺はただのピアノ好き。


いや、生きてますよ?(挨拶)
どうにも元気が出てないのは気のせいです。
優しく放っておいてください。

授業にも行かず(おい)朝から晩まで卒論とにらめっこ。
かといって進むかどうかという話で、書いては直しの繰り返し。

最近家におニューの急須をこしらえたお陰で、
俺の中で緑茶ブームが到来。ありがとう井○田感謝祭。
家のポットは緑茶に紅茶にカップ麺、さらには味噌汁・スープと大忙し。

――来月のガス代と電気代がいくらになるか、今から戦慄を覚えます。


以下ネガ文章。見て気分を害しても知りません。てか読むな(じゃぁ書くな)
posted by ゆき | Comment(3) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月12日

11/12 世界で独り自分だけが無力だと思ったあの日

(今日の一曲:虹 / コンタクト)

えー、偏頭痛来ました。
今回のは、かなりひどいヤツ。

とりあえず某サークルの部室で倒れて、
5時間ほど吐き気と頭痛と戦いながら、
意味不明な左半身の痺れに違和感を覚えてみて、
それが引いてきた頃に元気を出して家に帰って、
三回ぐらい○○してみました。
ぐぇー。もう嫌。

今日も一日動けません。
おやすみー。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月11日

11/11 僕らはいつも空回りしてはどうしたらいいのかわからない

(今日の一曲:サード アイ / the pillows)
 発売は11/23。今から待ち遠しい…


現在16:30。早めに更新してみるゆきですコソバソワ。

いやアレです。
引きこもりじゃないですよ? よ ?よ?

いやあれです。
引きこもりですごめんなさい。

というわけで授業にも行かず引きこもってみた。
だめだー俺だめだーだめしーるぺたりだー(自虐の叫び)。
いや寝坊ではなく、大して眠らずパソコンとにらめっこしてただけで。
具体的に言うと、曲のライティング作業をしとりました。
一応これでも作曲家の風上に申し訳なさそうに置かせてもらってる身分なんで。

以下は音楽談義。読みたい人は勝手にどうぞ。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月09日

11/9 さよならなんて言うなよ僕らはいつも一緒だよ

(今日の一曲:HIGHER / the band apart)

今日ちょっとしたアンケートに答えるとき、
つい「21歳」と記入してしまう自分に気付いた。
22の自覚ナッシングなゆきです。こんばんは。

サークルの二つ下(but浪人生)な後輩に
「わーい同い年ー!」
って言えなくなったり、
別のサークルの同期(これも浪人生)が
今年で23になるんだなぁってことを考えると、
やっぱり年齢ってかさむものなんだなぁ、と実感してしまう。
「大学に入ったときって俺18だったんだ!ありえねー!」みたいな。

今日もカレー食べたり講義で寝たり麻雀打ったり飲みに行ったり、
やってることは18のそれと大差ない(つーか、そのまんまだ)けど、

カレーの量が減ったり、
講義を聞くポイントを押さえたり、
回し打ちを覚えてみたり、
酒を猿のように空けなくなったり、

これだけとってみても、スタンスって変わったんだなぁと思った。
前へか後ろへかは分からないけど、成長してるっつーかなんつーか。
























































唯一つ違うのは、目の前に卒論があることでしょーか。
なんとなく書けそうでなんとなく書けない、倦怠期に突入。助けてボスケテ。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月08日

11/8 酒バトン

(今日の一曲:BLAZE IT UP / MONDO GROSSO)

とりあえず今のうちに更新しといちゃえ。
いざとなるとものぐさなゆきです。こんばんは。

A2LB飲み仲間・あかばーから酒バトンなるものを頂きました。
とりあえず、いってみよー。


続きを読む
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(2) | special

2005年11月07日

11/7 目がそう言うからさ黙込むんだ

(今日の一曲:ALL I WANT / the OFFSPRING)

世界の朝はどこへ行った!
ごめんなさい授業寝過ごしました。こんばんはゆきです。
明日こそはっ。っていうか明日の授業は出ないとまずいと言うか。

とりあえず卒論やら読書やらをしただけのつまらない日なので、
(というよりはココに書けないことが多少あった日なので)
mixi:モカさんのところにあった携帯変換バトンなるものをやってみます。

続きを読む
posted by ゆき | Comment(3) | TrackBack(0) | special

2005年11月06日

11/6 時間は流れて僕らは歳をとり汚れて傷ついて生まれ変わっていくのさ

(今日の一曲:BIRTHDAY / くるり)

タイトルの最長記録を更新しました(Syrup16gからの引用)。普通に長ぇな。
まぁ、なんというか、そんな日だったのです。
「11/6 AM00:00」を迎えたとき、最高の面々に祝ってもらえて、
とっても嬉しかったゆきですこんばんは。
――とッ、歳じゃない! 歳じゃないぞっ?(裏返った声で)


学祭3日目と4日目も滞りなく終了した模様。お疲れ様でしたマジで。
何をしたわけでもなく、普通に屋台食べてたぐらいしかしてないケド。


学祭3日目の夜に、彼女が忙しい合間を縫って来仙。うわぁぁぁん(感涙)。
で、俺も彼女さんも大好きな、姉(実姉じゃなくて、そういう愛称なのです)の家で宅飲み。

「外に出るより、宅飲みにしようよ。楽だし安上がりだし

という提案があったので、採用。姉の都合もあったので。
というわけで近所のスーパーに買出しにいったところ、






あれ?



























レシートに¥5,865って書いてある。
※アイスケーキの値段(¥2,100)も加味すると、普通に外で飲んだほうがまだ安い

まぁ、それだけ買っただけあって、かなりの量のご馳走が。
男性一人と女性二人でほぼ完食ってなんかおかしいと思うんだけど。
日付を越えた頃に歌を歌ってもらって、はっぴー。
その後姉の元彼も駆けつけてくれて、女性陣が寝るまで飲んでみた。
ハッキリ言って頭悪い宅飲みだ! 最高でしたょ♪

そのあと彼女にプレゼントを(かなりたくさん)貰ってほくほく。
…何もあげられなくてごめんなさいぐすん。(ダメだろそれ)



で、起きたら11時を過ぎていて、後輩との約束を破る破目に。
※本当にごめんなさいあうあうあうあうわーん。
それでも何とか学祭に駆けつけ、片っ端から屋台を食い荒らし食い荒らし。
俺の基礎代謝は1486だか1846kcalだそうな。余裕でオーバー。

そしてさらに、夕飯はちょっと豪勢な食べ方を。誕生日だもの。自腹だけどね!
食べた後に動けなくなったのはご愛嬌。ごちそうだったなぁ。


(入場券を買って)彼女を見送って、ちょっぴり泣いて、
サークルの学祭打ち上げに顔を出す。
と、ここでも唄を歌ってもらえました。素直に嬉しいもんです。



実は、毎年自分の中で決め事にしている恒例の行事があって。
「毎年母親が作ってくれてた献立を自分で再現して食べる」
ということをしてた。行事、って言うよりは儀式に近いかも。
これをやることで、嵩む齢を実感するというか。
今年は出来なかったけど、その代わりにかけがいのない、
なんだかいろんな人に愛されてるんだなぁ、って実感を手に入れた気がした。



この幸せは手相占いに拠ると25歳ぐらいまで続くそうな。
あと2年もあるのかぁ、と思うとなんだか嬉しいな。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月05日

(mixi)シークレットバトン

毎度おなじみ遊牧の兄貴からまわってきました。
明日の更新無理だと思うんで、代わりに置いておきます。(現在11/4 11:34PM)

見ても面白くないよ。シークレットだもん。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | special

2005年11月04日

11/3〜4 足りないわ物足りないわ

(今日の一曲:SMELLS LIKE TEEN SPIRIT / NIRVANA)

学祭中です。
色々楽しませてもらいました。
続けて書くと、ラジオ焼き鳥軽音サーターアンタギー映画焼きそばピアノフランクフルト熱気球きりたんぽジャズ沖縄そば合気道たこ焼きアカペラわたあめクラシックキムチ鍋アンサンブルコーヒーアコギ歌
お祭大好き! こんばんはゆきです。

まぁ、それはそれとして。
11/3、4両日とも企画を担当させていただきました。この歳で何やってんだか。
4日の夕方枠では、CHEAPWESTの新曲を流してみたりして。
見に来てくれた皆さん、ありがとうー!

四年間お世話になった学祭も、これで最後になr

……

………

…………

……………

………………

懲りずにまだまだ出るみたいなんでよろしくお願いします。
というわけで宣伝。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<11/5(土)の出演予定>
※場所は共通して、「東北大学 川内北キャンパス B・C棟間」です。

「朝枠 かわう☆地球博2005」(09:00〜10:50)
 学部&サークルの知己tondekeのお手伝いとして出演します。
 あと、企画には一枚噛んでます。ラジオ体操に期待!

「トリビアの歪 〜勇ましきムダ知識〜」(12:00〜12:50)
 リアクション芸人コメンテーターとして出演します。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

どちらも面白そうな企画なので、ぜひ見に来てくださいまし!
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月02日

11/2 君が儚い君が儚いんだ

(今日の一曲:さびしがり屋の言葉達 / 安藤裕子)

靴下が薄いとつらい時期になりました。
いろんな要因でブルーになります。こんばんはゆきです。
ま、寝たら忘れて元気になってますけどね!(それもどーよ

今日はいきなり公民館から電話。
「明日ちょっとイベントなんだけど、手伝いに来てー」
明日は流石に無理なので、今日手伝いに。
ちょっぴりだけど、お小遣いまで貰っちゃいました。
頼りにしてくれる、ってのはちょっと嬉しいです。てへへ。

あとは、某サークルでの番組企画の準備をしてました。
面白いものが出来る…かなぁ? ちょっと不安。

というわけで、以下にちょっくら宣伝をば。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
11/3(木) 13:00〜13:50
東北大学川内北キャンパスBC棟間にて
生番組の司会を担当します。
番組は笑○&内○のパクリ。
ぜひぜひ笑いに来てあげてください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

というわけで明日の準備のために早く寝ます。おやすみなさい。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年11月01日

11/1 彷徨う指白い鼓動もう触れられない吐息

(今日の一曲:sink to despair / wacky)
 よく考えたらスゴク暗いタイトルですね、師匠。未だに好きですこの曲。


タイトルの歌詞、またすごいところから持ってきてみた。
分かる人とは友達になれそう。こんばんはゆきです。

大方の予想通り、偏頭痛でダウンしてました。
活動できないことはないんだけど、頭に響く痛みが取れない状況。
こんな状況でも昔は「DDRやらないと死んじゃう!」とか言ってた気が。
どれだけ元気だったんだ俺。若さって時に命取りだなぁ、と思った瞬間。

それでも卒論は気にかかるわけで、ちょろちょろと書き出し。
疑問点を総浚いしてる状況。市場調査も要りそう。道険し。

で、二度寝したあと、夕刻にやっとこさ起き出して、夕食を。
病気してようがエネルギー使ってなかろうが、
米を三合食べる自分の胃袋にこの人もビックリ。
若さって時に命取りだなぁ

元気になった頃、お誘いのメールが。
「明日までなら大福を振舞えるが、お茶でも如何か」
というわけで、お茶を飲みに次々来大将の家へ。
結論:井ヶ田はいいところだ。ニュータイプは危険だ。
いろんなネタ話をさせていただきました。


ここからは所感。内容は薄いので注意。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。