2005年09月30日

9/30 寝れない夜聴きすぎた曲が

(今日の一曲:SHINE ON / FUZZY CONTROL)
 略称ファジコン。そのうち来ます!…とだけ言っておきたい。


カシスは健康にいいんだってさ。
さ、酒飲みてー。
…酒と薬は肝臓にダブルダメージなのでやめときます。
こんばんは病人ゆきです。――ぐすん。


今日の一曲に珍しい名前が。ご存知の方はコメントください。
ロキノン系は原石を探すのが楽しいんだよね。
俺の好きなハウスとかは探すのが難しくてなんとも。
FreeTempoとか、もうちょっと早く出会えていれば…



風邪引きさん故、遠出も出来ず。
結局は、自宅で病人ライフを満喫することになりました。
新しい本でも買って置けばよかった、ぐらいに本を読んでみる。
なんかよく分からないペースで7冊読破。でも全部既読。



病人なんで他に書くこともありません。
明日には治ってるといいな。おやすみなさい。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月29日

9/29 おやすみ続きは夢の中で

(今日の一曲:In My Dream / 真行寺恵里)

今更だけど、9/19付の私信。
意図した二人が読んでくれてるかどうか、気になる昨今です。こんばんは。
二人のうち一人はなんとなく読んでいそうな感じでしたが。


電話相手に「おやすみ」と言ったあとにすぐ寝て、
すごく怖い夢を見てすぐに目がさめました。
内容は例に拠って例の如くとんと覚えてないのですが。
目覚めたときのBGMはMONDO GROSSO「Joer et nuit」でした。
余計怖いわっ。



最近めっきり寒くなってきた様子。
実家はまだまだ残暑が猛威を奮っていたので
Tシャツ一枚でも過ごせる程度だったんだけど、
仙台はそうもいかず。
暑い季節ももう終わりか、と思うと寂しい。
原付で切る風は最早肌寒いと言えるレベルで、
特に夜の遠出や帰りは死ぬ気でなんとか震えを止めている、そんな状態。



今日思ったこと。

「それにしても寒すぎないか?」

原付で街や田舎を走っていると
なんだか震えが止まらないんですよ。うんおかしい俺。





えー、まわりくどい書き方をしましたが、
要は風邪引きましたってコトです。
仙台に戻ってくるなりこれかよ! ぐすん。
今日は9のつく日なのに、めずらしく自分の意志でクレープを見送り。
GRAPEVINE「マダカレークッテナイデショー」が悲しく聴こえるっ。しくしく。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月28日

9/28 さんざめく夜も俺のスピードで

(今日の一曲:Raspberry / TRICERATOPS)

昼に起きて、卒論題目決定のための資料作り。
おも○っきりテレビを見ながらワープロソフトでかしょかしょ(擬音)
してると、俺のレジュメにいつの間にか「みの語」が。

恐るべし、みのさん。



それを書き直して(当然だ)、いざ学校へ。
結局けちょんけちょんにされて一応題目は決定。
一時間喧嘩(?)しましたけど、方向性は間違ってなかったようなので大丈夫。
こんな俺でも一応卒論書けそうです。
…頑張れば。
………超頑張れば。



そのあとアーケードをぶらぶらしてると、
久しぶりに親友に再開。元気そうでよかった。
話を聞くに、何やらいい成果が出たので祝杯を挙げたい気分だとか。

ならば、もう杯を交わすしかないでしょう!

というわけで乾杯。ミスドで。
親友と呼べる間柄の人が少ない(涙)俺にとっては、
こういう偶然のエンカウントには最大の感謝をしたいと思います。
神様有難うー。



俺はなんだかんだでとっても運のいい人間です。幸せ。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月27日

9/27 絶対コレは買いの絶対って何

(今日の一曲:風招き / aiko)

友達の誕生日宅飲みイエィ。というわけで帰仙しました。
このために仙台に帰ってきたようなもんです(割と本当)。
友達の誕生日を祝うはずが数名の暴走により
ある意味ただの面白い飲み会に。
や、それで満足してくれれば光栄なのですが。
途中から愚痴っぽくなってしまってスイマセン(私信)。
俺にも愚痴ぐらいあるんだー寧ろ愚痴と不安ばっかりだチクショー!(自棄)
――んー、よく考えるとそうでもないなぁ。不安は不安だけど。俺の未来が。

しばらく地元に帰る機会もなくなりますが、
やり残したことも多々有り。
そのうち暇を見つけて帰りたいもんですね。

あ、ホームシックではないです。仙台いいトコアルよ。(神楽調で)



…あれ、卒論の題目提出しなきゃいけないらしいぞ。



…………



…仙台、やなトコアルよ。(謎の中国人K調で)
posted by ゆき | Comment(6) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月26日

9/26 ゆっくり時を感じていつかまた

(今日の一曲:スロー・ラーナー / Rhymester)

携帯を変えました。
実は前の機種のほうがよかったかもなぁ、と思いました。

国勢調査を手伝いました。
こんな時自分なら居留守を使うかもな、と思いました。

宿題を手伝いました。
大学生にも宿題はちゃんとあるんだなぁ、と思いました。

家事全般を手伝いました。
広い家の掃除はかなり重労働なんだろうな、と思いました。

遠くまでおつかいを頼まれました。
関東平野は平らだからチャリが速いなぁ、と思いました。

晩御飯をいただきました。
また近いうちに実家に帰ってきたいな、と思いました。

空を見上げました。
結構曇ってるから明日大丈夫かなぁ、と思いました。

あの娘に電話しました。
9月から始まる大学はタイヘンだよなぁ、と思いました。

煙草を吸いました。
家の台所で換気扇を回しながらは滑稽だ、と思いました。

そんな一日。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

学校バトン

あかばーから中距離射撃で狙い撃ちされたので
藁人形と五寸釘で恨み殺したいと思いますってゆーかCDごめん(私信)。

こゆのは日記のネタになっていいですね。どうでもいいバトンは答えませんが。

今日は真面目っぽいな俺。期待しないで読めよ。つーか読むな。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | special

2005年09月25日

9/25 僕は読み返しては感動している

(今日の一曲:僕らの音 / Mr.Children)

実家に帰ってきたのはいいものの。



す、することねー。



近くの書店で参考資料を買い込み、
卒論の勉強を黙々とする昼下がり。
いや、他にすることないんですよ実際。



あれ?



…仙台にいるときより勉強してませんか俺?



うーん、否めません。
仙台だと生活リズムこそまだ正常なものの(ただし夜更かし多し)、
だらだらと関係ない本読んだり音楽聴いたりゲーセンいったり、
そんな非生産的なことをこなしていくばっかりですんで。

しかし、このむなしい実家ライフ!
何か打開策を! 解決策を! 改革を!(政党みたいだけど)

というわけで、



ゲーセン行ってきます。(結局それか)

------------

9時追記。
えーと、親に捕まってバイトしてました。
小学校に提出する書類の打ち込み(母は地域では割と偉い人)と、
国勢調査の資料を配るお手伝い。


そう、ゆき母は国勢調査員なのです!


稼ぎを聞いて「絶対やりたくない」と思いました。
アレで○○円… あの仕事量で○○円ぽっち…



税金を道路に回すより我が家にください、と言いたいです。
posted by ゆき | Comment(3) | TrackBack(0) | diary note

萌えバトン

mixiのししゃも同志、グリさんから頂きましたっ!

萌えってなんだ! 銀魂のネタにあったアレか!

というわけで答えまーす。暴走気味に。

続きは暴走気味。…ホントに読むの?
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | special

2005年09月24日

9/24 叫んでいたのは確かな声耳を刺す

(今日の一曲:蛍 / あさき)

タイトルの歌詞が誰の何という曲だか分かった人は友達になってください。


市長さんとお話してきました。とはいってもホントにちょっとだけ。
なんつーか、よく言えばすごく弁の立つ方でした。
やっぱりなによりも先に口なんでしょーか、政治の世界って。

------------

ふと気付いたら弟の机にライターが。
うーん。まさか。まさかまさか。

------------

えーと。ケータイが明日auに変わってたら…
なんだ、その、ごめん暴打本。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月23日

現在実家におります

それゆえ、いろんなところの更新をひとまずお休みしたりしなかったりします。
つーかしてませんでした。ごめんなさい。

仙台に戻る(=通常更新に戻る)予定は立っていませんが、
少なくとも今週末は実家に残っていろいろやる予定です。
そんなたいしたことやらスゴイコトはしないと思うけど。

明日(9/24)は市長に会いに行きます。









……あれ?それってスゴイコト?
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | message

2005年09月19日

こぎと、えると、すむ。(私信気味)

「遠い人たちへの」私信です。読んでくれてるかな、ここ。

俺の手紙が読んでみたい人は、続きをどうぞ。面白くないです。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | special

9/19 それでも明日はやってくる

(今日の一曲:パークサイドは夢の中 / トルネード竜巻)

喉を使って喋り倒した俺の心を癒してくれるトルネード竜巻に万歳三唱。

音楽も紅茶もアロマテラピーも、俺にとっては同じような物で、
いろいろな種類のものを、用途や気分によって使い分けられるのが強み。
いろんな音楽を聴くことは、いろんな味の紅茶を飲むことに等しい。

とかいいつつ、アロマテラピーなんて実践したことないんですが。
今の我が家でそんなことしても埃塗れだしなぁ。

それとは別に紅茶を集めるのが趣味になってきました。
インスタントのものから、ちゃんとお湯やミルクで淹れる茶葉のものまで。
契機は相方にティーポッドをプレゼントしてもらったからなんだけど。
お茶会開くなら是非我が家でどうぞ。ひたすら遠いけどな。>仙台在住組
…その前に部屋の掃除をd(以下自主規制
以下TRPGネタ。興味のある方のみどうぞ。ってか毎回このネタでごめんなさい。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月18日

9/18 手を繋いで家に帰ろう

(今日の一曲:月の花 / アナログフィッシュ)

せっかくの中秋のなんたらでしたが、
仙台は曇っていてあまりよく見えませんでした。
でも、お月様が一瞬だけひょっこり顔を出してくれると
その瞬間だけはなんだか嬉しくなりました。

――なんて、引きこもりには言う資格がない気もしますが。
お月様のチラリズムと称した満月は、一応、しかと確認しました。

最近は満月というとチシャ猫が頭に浮かびます。
同志求む。

------------

某先輩のブログにもありましたが、
歳をとったせいか、大学でいろいろな人に出会いすぎたせいか、
新しい知人が増えると
「この人は○○が××に似てるなぁ」
と思うことが、確かに増えました。
そういう意味では、人付き合いに新鮮さを見出しづらくなったのかも。
とかいいつつ、知り合い増えるのは楽しみです。毎回。
posted by ゆき | Comment(4) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月17日

9/17 占いなんて信じたりしないで

(今日の一曲:アンチ・ハレルヤ / GRAPEVINE)

アホ面して飲んで飲まれてはいないけど、
真面目な顔して馬鹿騒ぎしてました。
要は、TRPGのセッションをしてたってこと。
TRPGって何? って人はGoogleあたりで検索してください。

自分の組んだシナリオが久しぶりに効果的に作用して、
参加者の胃を(いい意味でも悪い意味でも)キリキリ言わせることに成功。

日常生活も、ひいては人生も同じで、
どのタイミングで何をするか、
その結果何を得て何を得られないのか、
そんなことの繰り返しで人は成長していくんだなぁ、と思った。

TRPGでそこまで考えるか、って言われるとそれまでだけど、
ある意味で、創作面においての俺の原点ですから。



明後日も頑張ります。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月16日

9/16 こんな毎日とわかっているのに

(今日の一曲:首都高ドライブ / Stereo Fabrication of Youth)

どうにもならないことばかりです。
今日はプライベートナッシングな日でした。
後輩と喫茶店>ご飯>カラオケな日。
うーん。楽しいは楽しいんだけど、
楽しんでる場合なのか俺。
――って考えてると楽しめないので、
今を精一杯楽しみたいと思います(開き直り)。後悔はしないっ!
















いや、おそらくは人生最後の夏休みだし。

------------

自分にはつい他人のことをジロジロ見ちゃう癖があるんだけど、
誰かのふとしたしぐさとか癖とかが、気になったりすることがあったり、
誰かのとある瞬間の横顔が、なんだかとっても気になることがあったり、
そういうときにそれを心に留めて、意味を考えちゃうだけなのです。

まぁ大抵、考えてもなにも解決しないけど。
…ダメだ俺。

そう遠くない未来、教師になったときには
生徒の無意識のメッセージを感じ取れる人間でありたい。
40までにはそういうスキルを身に付けられるように頑張ります。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月15日

9/15 まだ席を立っちゃもったいない

(今日の一曲:Sayonara Sayonara / KICK THE CAN CREW)

最近局地的にモテる健全な男子大学生・ゆきです(明らかに自信過剰)。こんばんは。
当然男以外にはモテません。フォーーーゥとか言わないけど俺。

酒の力は偉大だ! というわけで今日は飲み会でした。
はて。俺は二人でお茶の予定だったんですが
なんで五人飲み会してるんでしょう。
ちょっと世の中の不思議を体験しました。

酒の力なのか何なのか、名言連発が続き
結果的にすごく楽しめた飲み会でした。
次から飲み会にペンとノートを持ち込みたいぐらいに。
「もっとおもいだす」の特技が欲しい!
てゆーかそういうのを正確に覚える記憶力が欲しい。

------------

卒論が進まずにシナリオ作成がサクサク進みました。
つーかできました。今の俺の現状を映し出すような嫌なシナリオが。
TRPG初心者もいるのにこの話はどうよと思いつつ、
俺は欲望に忠実な猫になります。にゃーん(泣き声)

つーか卒論は、切羽詰ってきた模様でなんだか大変。
やることがたくさんあるのではなくて、何やっていいのか分からない状況。
とりあえず書籍を読みふけって、未解決の問題を探してみることに。
…今の時期にすることじゃないんですが。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月14日

9/14 幕開けたストーリーライン

(今日の一曲:Street Story / HY)

久々に学校に行ったら、
「いい加減卒論やりなさいよ」って内容のことを
ひどく婉曲的にくどくど言われました。
日本語ってなんてバリエーションの豊富な言語でしょう。

そんな話をされたときは二つ返事で頷いた割に、
一日中引きこもって小説やシナリオばっかり考えてる俺は
とってもステキな異次元の住人だと思います。
10時間同じ風景をひたすら見続けるってステキだね☆


















――俗世じゃなくてあの世に逝ってきます。


とりあえず、家のインスタントコーヒーを結構飲んだ。
ニコチンも炭水化物も摂取しないし、経済的ではあったケド。


そんなもんだから夜はかなり外出欲が高まって、
昔のゲームをやるためだけに街に繰り出したり、
たった一冊の漫画本を読むためだけに漫画喫茶に入りかける始末。
後者はギリギリのところで「何やってんだ俺」と思いとどまるコトに成功。
あの世に行くのは一寸前で避けられたような心地が。
大切なのは人間にホンの一握り残された理性と判断力です。

明日はドトールのそれなりに美味しいコーヒーを啜ってきます。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月13日

9/13 君の声がして響きあえば無情

(今日の一曲:sweeper / noodles)

久しぶりにDJなんてのをやらせていただきました。
半年前まで一年間やってたラジオ番組のパーソナリティ。
諸事情で一日だけの限定復帰。
収録はすぐ終わったけど、楽しかったー。
しっかし、番組プロデューサーの指摘通り、
しばらく喋ってないと喋り方を忘れるもので。
よく噛むわ、読むスピードはすぐ早くなるわ、トチるわでいいとこなし。
次にやる機会があれば気をつけたいと思います。

それ以上に、教師というのは落ち着かなきゃいけない仕事な訳で。
教師が焦っても生徒が浮つくだけだしね。カッコワルイし。
もっと普段から落ち着けるように頑張らないと。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月12日

9/12 Like fragments of a broken mind

(今日の一曲:コーヒー付 / GRAPEVINE)

ずっと探してたけど見つからない本が、
モールで探してみたらあっさり見つかってちょっとガッカリ。
いや、読みたかった本だから、嬉しいのは嬉しいんだけど。
地元とか青葉区とか、どこ探してもなかったもんなぁ。。。



モノを探すのはこれでもかっ!というぐらい苦手で、


10秒前にどこかに置いた財布のありかを忘れたり(しかも野外)、

鍵をどのポケットに入れたか忘れたり(しかも実際は鞄の中)、

スーパーで塩を買うのになぜか生鮮食品周りをうろちょろしたり、

原付を停めた場所に行くのに何故か見当違いの方向へ進んだり。


…物探し下手というよりも
物忘れが激しいと形容された方がいいのか、俺。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月11日

9/11 自分の翼信じて羽ばたいて

(今日の一曲:Sunny Bridge Never Strike the Moon / Slang Session)

というわけでジャズフェス二日目も普通に参戦。
寝たのが朝七時ってこともあって、
友達のライブ(11:50)までほとんど寝られず。
結局3時間ほどの睡眠で、11時ちょい過ぎに出陣。

とりあえずロックな方々とか
友達のバンドとか
ブラジル音楽?とか
平均年齢60歳のビッグバンドとか
去年も見に行ったソロアコギの人とか

いろいろと堪能させていただきました。
平均60歳ビッグバンドのMCが面白かったのがなんだか悔しい。

眠気を抑えて、フィナーレにもちょびっと参加。
楽しかったー。酒飲んでハイになった大人は素敵さ☆
(俺は原付だから飲めなかったんだけど。今考えると悔しい)



実は、フィナーレが始まる前に、ちょっと帰宅しとりました。
すぐ近くの小学校に選挙に行くためです。
結果に関して――は、ノーコメントで。

選挙番組とか見てると、言葉遊びにしか見えなくてつまんない。
何時から人間は、素直な言葉を忘れたんだろう。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月10日

9/10 記憶のカケラを拾い集めても

(今日の一曲:遠くへ / 自由)

定禅寺ストリートジャズフェスティバルというのがあって、
それを午前からおやつ時まで見てました。
見に行かなきゃいけないアーティストが、どれも割と早めの時間。
ライブ中は叫びながらも、ひたすら空腹と戦ってた記憶が。
すぐそこに松屋があるのはいいことです。

しっかし、壇上に立つとみんな輝いて見えるなー。実際輝いてますが。
ああいうのを近くの人間(Ex:友達の友達、昔のレッスン仲間)が
実際にステージ(?)でやってるのを見ると、
自分もやっときゃよかったなぁ、なんて未練を覚える。

そのあとはLOUNGE SQUALL
Jazztronikの野崎さんのDJを聴いてました。
選曲とか盛り上げ方とか、やっぱりプロのDJは違う!
俺の中での評価が今日一日で急上昇。
お金が工面できれば、8/31に出たアルバムは買っちゃいそう。

音楽漬けな一日って、それだけで幸せかも。
posted by ゆき | Comment(4) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月09日

9/9 そこに一握り残った僕の想いを

(今日の一曲:鮮やかなもの / Every Little Thing)

ツーリングのBGMをピロウズとnoodlesに変えたら
随分前向きになれましたわぃ。
やっぱりシロップは野外で聴いちゃいけない…
Dizzy my futureとか歌われてもあの声なら平気。

優しさが時に人を傷つけることがあるとしても、
「優しい人には、いつでも優しくあって欲しい」
と願うのは、傲慢なことなんだろうか。

いや、なんとなく思っただけだけど。

------------

40ぐらいになるころには、
泣かせる歌詞の一つも書けるような大人になりたい。
ロキノン系を聴いてると、ホントにそう思う。

それを考えると、
歌詞なんてないのに聴くだけで泣いちゃうGTSとか
ピアノが鳴ってるだけで身震いしちゃうMONDO GROSSOとか
彼らの作ってる音楽のポテンシャルって高いんだなぁ、
なんて思ってみる最近。

感動は、本当は言葉を超えるところにあるんだろうなぁ。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月08日

俺はやっぱりそんな年頃(ノロケ注意)

http://ameblo.jp/omavvvoice/entry-10004070277.html
に興味深い記事があったのでちょこちょこと。
――他人の記事をネタにするあたり、俺の日常の密度の薄さが計り知れます。

追う追われるは、要は「愛したいか愛されたいか」ってことですよね?

GRAPEVINE「HEAD」に「もったいない 愛されたいわ 足りないわ」
なんてフレーズがあるケド…それはどうでもよくて。(いいのか)

俺は「愛したい」側です。
いろんな人に、特に某所の各氏に「えー」とか言われそうですがががががg

自分が好きな人のそばにいつもいたい。
そして、できるならその人が幸せであって欲しい。
その幸せに、自分がいるかいないかは問題じゃない。
そんな風に思うのです。

愛したい人にも色々いると思うし、愛されたい人もいると思う。
ただ、愛したい理由にもいろいろあって、
「誰かを好きでいる、恋をしてる自分が好き」とか
「恋をしてることで自分を高めたい」とか思ってるのは
きっと、まだ「自分本位」を脱却できてないだと思う。
それは「愛されたい」気持ちの代替表現でしかないハズ。

極論を言えば自分なんてどうでもいい。
その人がハッピーなら、それが自分の幸せだと思える気がする。

まぁ、
「自分なんてどうでもいい」なんて言うと
「馬鹿言うな」って怒ってくれる人が身近にいる今の環境。
自分はすごく愛されてるんだな、って思える。
そのお返しでもなんでもなく、
自分の気持ちから愛せる人間でありたいと思うのは
今までもこれからも変わらないと思う。

以下スルー推奨。UTK以外のオフの知り合いは読むと後悔します。多分。
posted by ゆき | Comment(3) | TrackBack(1) | special

9/8 諦めないほうが奇跡にもっと近づく

(今日の一曲:明日を落としても / Syrup16g)

ツーリング(とはいっても近所だけど)してたら

凄く切ない曲を聴いて悲しい気分になったので

とりあえずタバコを吸って、コーヒーを飲みました。



そんな一日。

------------

俺のニューロンは昨日のことなんて気に留めなかったようです。
よって昨日の日記は書き直しません。ごめんなさい。
とりあえず喉がちくちくする感覚だけは残ってるんだけど。
半日も歌ってればそりゃそうですか。

私的メモ;豚トロ丼は喉にいいらしい。俺の場合だけかもしれないけど。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月07日

9/7 特別な才能を何一つ持たずとも

(今日の一曲:She's Electric / oasis)

えーと。

お願いです寝かせてください。

というわけで今日したことだけ簡単に更新。

○起きる
>飯食べる
>カラオケ
>飯食べる
>喫茶店
>カラオケ
>飯食べる
>現在

朝から晩まで歌ってました。
記憶が残ってたら明日付けの日記で子細を書きます。
俺のシナプスに期待しつつ今日はこの辺で。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月06日

9/6 今年の夏も何故かアホ面して

(今日の一曲:Rainy Heart / dai)

雨。

眠。

暇。



ということで(どういうことだ)

家で音楽を聴きながら

一応卒論勉強とか
また脚本書きとか
積み本の読書とか

いろいろしてました



そして寝ようと思った頃に

「酒が飲みたいので街まで来やがればかー」

という電話がありました



なんとなく人生の悲哀を感じましたが











それで何の気無しに街に降りる俺のほうが悲しいんじゃないか

と思いました




そんな一日。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月05日

9/5 ひたすら泳いでたどりつけば

(今日の一曲:GRAVEYARD / GRAPEVINE)

9/4の午後、合宿地からの帰りのこと。
去年までお世話になった先輩が店長を務めているゲーセンに
他の先輩の車で連れて行ってもらいました。

お元気そうでなによりでした。
一緒に行った後輩がプライズを取りすぎて
店の損益を出しちゃいましたが。ダメじゃん。
元気じゃなかったのは俺で、
筋肉痛が引いてきたところで某踊るゲームに熱中してしまい
余計に痛む始末。店を出る頃には足の筋肉が悲鳴を上げてました。
き、鍛え方が足りねぇ…

盛岡冷麺の店で焼肉を食べたり他のゲーセンに行ったりで、
帰宅は相当遅くになってしまいました。楽しかったー。

------------

というわけで今日は、その原付の回収をするために再び川渡へ。
青春18切符、残りの一回を使いきるためでもあります。
仙台>小牛田>川渡温泉、という一回乗り換えの旅です。

まず、朝起きて仙台駅へ行くバスへ乗り、案内カウンターで接続を調査。
そして仙台駅から小牛田へ反対方向の館腰へ。
筋肉痛の直りきらない身体でもう一度他のゲーセンへ乗り込んでみました。


そのあと、仙台に戻ってきて昼食。
そしてすぐに仙台を出て、小牛田で乗り換え、川渡温泉駅へ。
この時点で2時ぐらいでしょうか。


昨日置いていった原付があったので、
最寄のスタンドでガスを補充して、いざ出発…のはずが、

せっかく温泉に来たんだからもう一度入ろう

と馬鹿なことを思いつき、
鳴子温泉(仙台と反対方向)まで一人で行ってみました。
いい湯でしたが、温泉以上の何かの匂いを感じたのは俺だけでしょうか。

で、スタンドまで戻ってきて、ここからはタイムアタック開始
結果、出発地・片平まで1時間57分というタイムで帰ってこられました。
疲れたけど、走ってる最中は楽しくてしょうがなかったですYo!
トラックに撥ねられそうになったときは死ぬかと思ったけどな!(危
さあみんなもレッツトライ!
俺もう二度とやらねぇ。

※でもおかげで、原付小旅行計画の目処は立ちました。
posted by ゆき | Comment(2) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月04日

9/3〜4 夢みたいな夢でもないような

(今日の一曲:ダニー・ゴー / thee michelle gun elephant)

この日は放送サークルの秋合宿。ゴメン文芸部の皆。
前日は疲れがたまっていたので早めに就寝。
…のはずが、嫌な夢を見て余計にぐったり(涙)。

で、秋合宿はどうだったかというと、



仙台>川渡温泉間の、約100kmの道のりを原付で走りきったり、

フリースローで遊んでる人たちに突撃して1on1を挑んで散りまくったり、

ピッチャーとして責任回数7回を5安打無四球自責点1で投げぬいたり、

いろんな人にカトリーナよろしく酒を飲ませたり飲ませられたり、



やんちゃをしてみました。
俺はまだ若いと思います。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月02日

9/2 声高に否を告げろ

(今日の一曲:放浪フリーク / GRAPEVINE)
 某所でレビューを書くまでには、もうちょっと聴かないと。


まぁ、前の日にあれだけ遊び倒せば、
今日なんてなくてもいいわけだ。
…といいつつやっぱり喪失感。
昨日の満足感の方が数段上だから、後悔はしないよ。

そんなこんなで寝たり起きたりしながら音楽を貪ってました。
なぜか今さらバンプをヘビーローテしてみたり、
TMGEのアルバム全部一通り流して聴いてみたり。

それを聴いている友達(昨日の例で言えば、後輩)とかと話をして、
あらためてその音楽を聴いてみると、新たな発見もある。
そういうのがあるから、音楽を聴くのはやめられない!
今日はチバさんの「世界要らねー!な時期」を検証してみた。
なんとなく、でしか俺にはわからん。



明日は合宿らしいです。というわけで寝ます。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2005年09月01日

9/1 ツナげローでもリバースでも

(今日の一曲:フォーク / スネオヘアー)

高校の部活の後輩(1つ下)二人組が仙台に来ている、とのこと。
高校も大学も一緒の後輩を訪ねてきて、遊んでいるらしく。
お呼びがかかったので、ぶしつけながら参加してきました。

飲み>飲み>カラオケ>麻雀というわりとアリガチなパターンだけど、
飲み開始が9時半で、カラオケで朝6時まで、その後昼の1時過ぎまで麻雀と、
体力と気力の限界に挑戦する半端ないコース。
その前の行動を考えると、休みを挟まないで三四半日(18時間)以上遊んでた計算に。
ハッキリ行ってバカ以外の何物でもない。

それでも普通にこなせるのは、
高校時代の「お泊り会」や学校祭準備が影響してるのかも。
徹夜で次の昼過ぎや夜ぐらいまで遊びとおす体力を培うには、
十分すぎるぐらい活動が充実してたので。

若さには負けるけど、鍛えた身体は21の今でも普通に動くのが人体の神秘。
酒のペースが落ちたり、カラオケで誰かが寝たり、麻雀の打ち筋が温くなる様子もない。
どんな耐久レースだ!



我ながら凄い部にいたもんだなぁ、と再認識。
それになにより、高校時代の同級生を始めとして、
先輩後輩とも、話していてすっごく楽しいのが嬉しい。
大学でいろんな人に会って、いろんな友達が出来たけど、高校時代の仲間は別格。
他の人もそう思ってるみたい。だからこうやって遊んだりできるわけだし。
生涯大切にしたいな、こういうつながりは。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。