2004年03月31日

3/30〜31 泣き出しそうな心を蹴って 

(今日の一曲:さまよえる蒼い弾丸 / B'z)
 やっぱアンタすげぇ(何)。


高校の部活の追い出し会。俺は夕方からこっそり参加。
いやー、いろいろすごい集まりでした。動きは少なかったけど…
アレだけ食事の席やカラオケで騒ぎすぎる集団も稀有だろうなー。
一年生(もうすぐ二年だけど)に若さももらえたし、うん、満足。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月29日

イメージの中生まれた金色模様

(今日の一曲:水写 / ACIDMAN)
 いや、なんか違うと思うんだけど・・・
 かっこよさは相変わらずかな。


バイト飲み。18の飲みの面子を縮小した感じ。
随分と濃い目なメンバーが集まったかな(と書きつつ私が畏敬する面々です)。
卒業組のテンションがすごかった。あの勢いで酒は飲めねぇ…
人間頑張れば若さでも不景気でも跳ね除けられるんだなぁ、と思わされた。
素でピッチャ二杯空けた俺が言えた義理でもないんでしょうが…

カラオケオールで朝解散だったんだけど、
丑三つ時にアレだけ酒の出入りが激しかったカラオケは初めてデス…
後半の俺は酒処理班だった気もする。たくさん歌った気もするけどね(笑)。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月27日

君と暮らしてついたため息

(今日の一曲:泥の道 / the youth)
 ヴォーカルが奥さんのために書いた曲だけあって、
 やっぱり歌詞をよく眺めるとしんみりきちゃいます。名曲。


今日はサークルのイベント。
久しぶりに演技なんかするもんだから全然うまくいかない。
滑舌の悪さも相変わらず。本番で噛んでるしなぁ。
やっぱり常日頃演技ってしてないと駄目だよなー…はぁ。
まぁ、何にせよ演技をするのは楽しいことです。

そのあと卒業生の送迎会に参加。学部&サークルの先輩とお話してきました。
流石は社会人、言うことが違う。格の違いを見せ付けられた感じ。
そういう話をする度に頑張らなくちゃ、って思わせられる気がします。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月26日

3/26 through the pandemonium

(今日の一曲:Colorado Bulldog / Mr.BIG)
 そういやHyperJoyに入ってたんですよこの曲。
 だからっつってこんな曲が歌えるはずもないんだけど。


友達の家でビーマニ対決。
うん、まだB4U(A)ができるぐらいのスキルは残ってる。
G2(A)とか全然出来なくなってたけどね。うーん。
最新作も出たし、そろそろリハビリしないとまずいんだろーか。
見切りをつけたほうがいい気がするけどね。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月25日

3/23〜3/25 信じる気持ちをやめないで きっと夢はかなうから

(今日の一曲:流星 / flow)
 1サビにこのコトバを持ってきたらもっと売れたのかなぁ…


ひたすらバイトをしてた気がする。
したことといえば、ちょっと服を見に行ったぐらい。
所詮は苦学生の財布。振っても金は出てきません。うちでのこづちが欲しーい!

金がないとか言いながら、GRAPEVINEのシングルコレクションを購入。
買う必要ないってのはわかってるんだけど…衝動買いって恐ろしい。

――だから金がないのか!!(殴
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月22日

あぁここはひとつ笑うしかない

(今日の一曲:チェイス!チェイス!チェイス! / パーキッツ)
 …ホントにもう、何やってんだか…


バイトを寝過ごしたら、
「今日は人足りてるから来なくていいよ」
とのありがたいお言葉。
というわけで、ゆっくり休もうとも思ったんだけど
同じバイトをしてる友達と遊びに行っちゃった。てへ☆
お昼食べてカラオケ行って、合コンに出かける友達を見送って終わり。
久しぶりに遊べて楽しかった気がする…って切ないなぁ、俺。

夜は久しぶりにMIDIを作ってました。何ができるかなぁ…
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月21日

この道の歩き方を知らないわけじゃない

(今日の一曲:ぼくらなら / GRAPEVINE)
 過去にも「今日の一曲」に出したっけ? 現在の心のテーマソング。
 …といいつつ、惹かれているのはイントロのギターの絶妙な音色。
 切なく、はかなく、つつけば折れそうな貧弱な音色。
 でも、しっかりとテーゼを持っているように聴こえる。
 この年になってやっとバインを好きになれた気がする。


バイト早上がりでショッピングを試みるも、
サークルの会合があったことに気がついておじゃんになりました。
うーん、服とか家電とかいろいろ調達したかったんだけどなぁ。

過ぎ去ってしまえば過去のこと、って感じで
サークルの人といろいろ昔話ができる辺り、
随分と自分も大人になったなぁ、って感じる今日この頃。










いや、ガキのままなんだけど年食った、って表現が一番適切かも。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月20日

巨大な交差点が

(今日の一曲:Wonderful Life / &G)
 ずーっと前から「いいなぁ」と思ってた曲。
 個人的にはサビの盛り上がりがイマイチかなぁ、って思ってるんだけど、
 中盤のメロはたまらなく好き。しっとりした曲はもともと好きなんで。。。


実家から米俵が送られてきた。
…っていうと語弊があると思うけど。。。
要は、米10kgが届いたってコト。
毎回送ってきてくれる親には感謝。たとえお米の中に砂がたくさん入ってても。
…アレを噛むと萎えるんだよなぁ。最近は研ぐ時に細心の注意を払ってるつもり。

一回だけこっちでお米を買って炊いてたことがあるんだけど、
やっぱりホームメイドのお米は美味しいなぁ、と思う。
炊いて時間がたっても味がある、ってのが特徴かな。
別に地元は米どころじゃないけど、誇りに思っていいところだとは思うのです。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月19日

人生を楽しく生きようこの瞬間を

(今日の一曲:Orbit 3 / m-flo)
 俺の中ではこの辺が「晩年の」m-floなんだけど。。。
 「prism」がよかっただけに拍子抜けする感は否めなかったかも。


久しぶりにAAA(『とりぷるえー』…学部でもっとも仲のいい3人の総称)で集まる。
「二人いるなら三人の方がいいよね」みたいな感じで。
いやー、話が面白いこと面白いこと。口を開くたびに名言が。
…とかいいつつ、俺は時間の半分は寝てた。踏まないでー(滅)。
もしも嵐ってのがあるなら、こういうもののコトを言うに違いない。
まさに人工災害(…って、言葉が悪いかな)。近隣の方々ごめんなさい。

しっかし、三人とも趣味も正確も人生の方向も違うってのに、
どーしてこんなに会うと調和するものなんだろーか。
三人ともタイプが違うからウマが合う、ってことなのかな?

この輪が出来たのは大学に入ってすぐのこと。
もう大学生活折り返し地点だってのに、一緒にすごしてきたんだね。
新学期が始まってもこの輪だけは崩したくないもんです。
新学期といわず、あと二年間、ずっとね。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月18日

冗談じゃないそんなモン呼んだ覚えはない

(今日の一曲:ラフ・メイカー / BUMP OF CHICKEN)
 飲み二次会のカラオケで誰かが熱唱してました。
 画面に流れる歌詞を眺めてると、やっぱり藤原基央はすごいなぁと思う。


バイト先の飲み会に参加。非常に楽しい飲み会でした。
喋ってる内容の7割が放送禁止なネタだった気がするのは気のせいです。

個人的には音楽の話が出来てとっても楽しかった。
あんまりバイト中に音楽の話とかしないけど、
突き詰めると結構みんないろんな音楽を聴いてる模様。ちょっと安心。
いろいろ聴いておくものだと思った一日。これからもいろいろ音楽は聴いていこうっと。

別件で個人的にいいこともあったし、充実した日なのは確か。
あとは明日のバイトに遅刻しなけりゃ完璧。起きられるかなぁ…
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月17日

見えてるものを見落として

(今日の一曲:桜 / 川本真琴)
 仙台は四月まで咲くことはないんでしょーが。
 とりあえず、そろそろそんなシーズンも近いってコトで。


朝バイトと夜バイトの合間に、ラジオドラマのキャストのお仕事。
とはいっても、かなり短いドラマなので、収録もすぐ終わりましたが。
とりあえず、自分はアドリブのきかない人間だ、ということを再確認。
あと、どうしてもイメージどおりの演技が出来ない。ちょっと不満でした。

人間には表情があるわけだけど、ラジオドラマの難しい点は
その「表情」すらも音だけで表さなくてはならないところにあるのかも。
視力を閉ざされた子供の、言葉や匂い、感触に関する感覚の強さはかなりのもの。
それは、視覚で表現されているはずのものまでそこから感じ取るためにある能力。

…なぁんてことを、友達と延々夜遅くまで話してました。うーん、深い。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月15日

全力で飲んで飲まれていた

(今日の一曲:The Sign / ACE OF BASE)
 この人たち兄妹だったんですかー… 知らなかった…
 ライナーノーツぐらいちゃんと読むべきだと思いました。


夜勤ゆえに酒を飲めないのに、なぜか飲みに参加。
うーん、やっぱりお酒があるとないとじゃ全然違うなー…
自分だけが冷静な気がして寂しかったような気がする。
他の人がテンション違うのに自分だけ普通ってのは――
――普段からうるさいから丁度いいか。

酒の力は偉大だなぁ、と改めて感じた夜でした。
なんでバイトあるんだぁぁ!!と思わず運命を呪ったのは気のせいじゃない。

あ、気付いたことはもう一つ。
冷静に食べると、飲み屋さんのご飯ってすっごく美味しい。
テイクアウトか白米持込のどちらかをさせてください。無理か。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月14日

どんなときも望んでた

(今日の一曲:Love is Trouble / 星村麻衣)
 先輩から「Soup」が返ってきたのでとりあえず夜はかけっぱなし。


一回整理して200から100ぐらいまで削った携帯のメモリが、再び200を超えていてびっくり。
削れるメモリはあるかな、って思ったけどほとんどない状態。
ことあるごとに、ちょくちょく削ってるからね。
200って世間一般的にはまだ少ない方だとは思うけど、
もしメモリを整理しなかったり池ポチャしなかったりしたら、
ひょっとしたら400ぐらいにはなってるんだろーか。
すっごい数だよね。400。友達100人どころじゃないよな。。。

これで全部メモリが吹っ飛んだりしたら滅入るだろうなぁ…
バックアップでもとっておいた方がいいのかもしれない。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月13日

怖かった怖かったでも時に

(今日の一曲:Can You Celebrate ? / 安室奈美恵)
 …アーティストの名前の漢字があってるかどうか心配なんですが。
 わざわざググるきにもなりません。間違ってたらこっそり教えてください。こっそりね。


ここ4日の平均労働時間が10hなのは気のせいなんでしょーか。

弟が高校入試に無事合格! よかったー!!
思わず家族に長電話。一人一人と話をした。
みんな喜んでるようで… 兄もうれしいぞ、うん。
まぁ、ぶっちゃけ兄弟で一番頭の出来が悪い俺でさえ入れたので、
杞憂といったらそれまで。自分の単位の心配をした方がいいのかも(笑)

こういうときでも、家族の下にいけないのは親不孝なのかなぁ…
親元離れて仕送りすらもらってない俺だけど、矢張り家族サービスは必要な気がする。
入学祝とか送ってあげるべきかな、、、……送るべきだよな、うん。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月11日

MUSTANG A GO GO !

(今日の一曲:MUSTANG A GO GO ! / Dragon Ash)
 Dragon Ashの中では割とメロラインがしっかり作られてると思う曲。
 叫びたいーと思うときはカラオケで歌ってみたり、…ラップにはしってみたり。

朝から晩まで以下略。察してください。

サークルでラジオを作ったりする活動をしてると、
会話=音声の魅力にとりつかれるときがある。
とはいっても、元来根っからの文章好きなのは言うまでも無く、
文章の魅力も十分に承知してるつもり。
どっちが好きか、って言われたら、自分に選ぶことはできないかも。

口で言えないことだけど、文章なら伝えられることもあるし、
口で言葉に出さなきゃ伝わらないこともあるし。
自分はそういうふうに思ってる人間なので…

でも、最近は文章に難しさを感じる気がする。
やっぱり、言外のコトバを読み取るのは難しい。
文章っていうのはそこに書かれたことが真実だけど、
口で伝える言葉には表情とか感情があるのに、文章にはない。

文章を文面どおりに受け止められるような(いい意味での)まっすぐな気持ちも、
時には必要なのかも。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月10日

舞い落ちる粉雪は積もるのでしょう

(今日の一曲:柊 / Do As Infinity)
 だから「GATES OF HEAVEN」聴きまくりなんだってば。
 シングル時はあんまり聴かなかったけど、アルバムだとじっくり聴いちゃいます。

朝から晩までバイトだった気が。
労働時間計…12:00と記入されたときは気が滅入りました。
バイト先で忙しい係分担になってしまい(半分は自分の過失)、
明日以降は死のロードが待ってます。来ないでー…とは言ってられないけど。

今日で前期国立大学入試の結果がすべて出揃いました。
最近は二浪中の友達からも吉報が届いたりして嬉しい限り。
まだ気になるヤツからメールが来ないのが気がかりなんだけど…
とりあえず。

合格した皆さん、おめでとうございます。

二年前の今頃は「落ちたーやったー浪人生活だー」とかバカなことを言ってたっけ。
今まで頑張ってきた人たちにはすっごく失礼な台詞なんだよなー。
本心には違いないけど、口には出しちゃいけないコトバの一つかも。ごめんなさい。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月09日

(No lyrics)

(今日の一曲:limit 0 / wacky)
 ネット上のDTMの師匠の名曲。
 今聴く術はのこされているのでしょーか。


実は今日、ラジオに生出演する算段だったんだけど、
国会中継のため番組が中止。詮方ないのでバイトしてました。
代わりに木曜日の枠をいただけるとゆー話だったけど、
木曜日はバイトが忙しいので断念。ちょっと運がなかったかも。

こういう機会はなかなかないのでぜひ実現させたかったけど…
巡りあわせってあるもんです。「今は出るな」ってゆー神の啓示なんだろーなぁ(笑)
まぁ、いつもサークルの番組で喋ってるので慣れてはいるけど、
純粋な生番組にでる経験は一回(小学校時代)しかないので、逃したのはちょっと残念。
あ、疑似生番組の収録は一回あったかも。一昨年の12月に。
あの時はトーク下手だったから、録音したMDを聴き返す気にはなれないですわ。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月08日

破滅へのプロローグ

(今日の一曲:GATES OF HEAVEN / Do As Infinity)


というわけで夜勤八時上がり>八時半昼バイト出勤。休みなんて要るかっっ!
バイト前とかバイト中にちょくちょく仮眠をとったおかげですっごく元気。
寧ろ周りのみんなが疲労困憊してるのを気遣えるぐらい(苦笑)。
所詮要らん気遣いだ、なんて思われてるんでしょうけど…
「お前は苦労してないんだ、だから疲れないんだ」と思われるだろうなぁ。。。
まぁ、実際それほど苦労はしてないので、言われたらそれまでだけど。

実際、そういう部分を感じさせないように仕事をしているつもりだし、
それぐらいの体力を保てる自信はある程度あるので、平気なんですけど。
見栄かもしれないけど、そういう見栄を張れるだけになった自分を褒めたいかも。

……ご褒美?
あぁ、普段よりも多くお米を炊いてあげるとか(笑)。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月07日

足りねぇぞあの上には何があるんだ

(今日の一曲:BREAKTHROUGH / GRAPEVINE)


というわけで休日のはずも休日出勤な昼のバイト。そして夜勤は三夜連続。
月曜日のバイト休んでいいですか、って聞いたら「駄目」って一言言われました。
うーん、シャカイってキビシイ。

ところで、忙しいときに限っていろんな人からメールがよく来ません?
俺の場合はまさにそんな一日。

受験生の友達がゲーセンで遊んでるメールだったり、
二時間前になって「飲むぞバカヤロー!」とかのたまってるメールだったり、
サークルの仕事関係のメールだったり、
バイト先(放送局)関連の手配のメールだったり、

送らなきゃいけないメールがたくさんあると、投げ出しちゃうほうだったりするので
その癖は早く直さないとなぁ、直さないと就職活動とかタイヘンだよなぁ、とか思う。
連絡は密に、細かく返信を。それをせず失敗してる後輩の姿とかを見るとひしひし感じます。

成功失敗云々より、人とのつながりを大切にしなきゃ生きていけない世の中だしね。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月06日

僕の心が曇っているからだろうか

(今日の一曲:東京にて / LUNKHEAD)


昨日の夜にいきなり夜勤バイトだったことを知らされてぐでっとなってた一日。
その日にたまたまあった友達の家(下記参照)に行って喋ってるより
寝てた方が正解だったのか……とは考えたくないものです。
でも、そのおかげでLUNKHEADのミニアルバムをゲット。やったー☆
ワンパターンといってしまえば悪い言葉だけど、その強烈な個性は大好き。

急な夜勤のせいか心が折れて昼のバイトは寝過ごしちゃいました。大顰蹙。
社会に出るための勉強だと思って説教でも何でも受けます。涙。

しっかし、今のうちに失敗できるだけ失敗できるっていうのはいいこと。
(失敗すること自体はいいことじゃないけどね…)
これが大きくなったときの自分の血肉になると思えば安いもの。
やっぱ滑らないと駄目なんだってば、人間って。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月04日

ただこの道の歩き方を二人だけ見えやしないのなら

(今日の一曲:ぼくらなら / GRAPEVINE)


KOF合宿敢行。後輩に大人気ないところを見せた気がする。
やっぱり'98は名作だよなぁ…
――って語りすぎると見てる皆さんがうんざりすると思うので詳しくは述べません。

合宿とか言って、ゲームもせずに部室で8時間寝てた俺は一体。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月03日

それだけはポケットにあったんだ

(今日の一曲:ハートビート / GOING UNDER GROUND)

めったに会えないであろう先輩と飲んでみる。
自分の状態も以前に比べてとてもよくなってたので、普通に話せた。
あと、やっぱりお酒は美味しいってコトにも気付いてみた。

大学に入っていろんなことがあって、いろんな人に会ったけど、
当たり前のことは毎年起こるもので、それは誰でも通っていかなきゃいけない。
だから自分の苦しみは自分のものだけじゃないんだなぁ、としみじみ。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

2004年03月01日

さよならじゃないまだこれで終わりじゃない

(今日の一曲:さよならじゃない / Something ELse)

仙台は日に日に寒くなってきたのですが。。。
春? 春ですよね???

言葉に出して「寒い」って言ってるから寒いんだ、
なんて、小学校の先生に習ったような常套句を
今でも使い続けてるおバカさんな俺です。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

限りないこの空は二人だけのもの

(今日の一曲:Crystal Love / Melody.)

ふとしたら日の光に鎔けてしまいそうな日…に見えても、
仙台の最高気温は3度だったりします。こまるよなぁ…
在仙してお部屋探しをするお客様はもっと困ると思う。
「こういう日もあるってことね、よく判りました」って言ってくれたけど
「こんな日ばっかりです」とはとてもいえませんでした。
沈黙は嘘だったり罪だったりするけど、偽善ということで勘弁。
posted by ゆき | Comment(0) | TrackBack(0) | diary note

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。